眉毛のコラム

自眉がない!薄眉女子が太眉を作るためのメイク方法はコレ!

更新日:

できる男や女に見せる効果があるので、モチベーションアップをはかりたいときは、メガネをかけると、太眉効果がさらにアップされます。

老眼鏡をかけた時に美しく見せるための眉毛の描き方

近視用のメガネやサングラスは、はっきりとした眉毛が美しく見えますが、老眼鏡は大きく見えてしまうので、眉毛をあまり太目にしたりアイラインやマスカラなどを濃い目につけると、拡大されて見えてしまいます。

早い人では40代から老眼鏡のお世話になる人もいるようですが、老眼鏡を使用する場合のアイメイクは、控えめにした方が上品に見えます。

洗練された眉毛のための眉毛ケアのポイント5つ

①眉毛のブラッシング

眉毛を描く前には、ブラッシングをおこなうようにしましょう。
髪の毛をブローする前にブラッシングするのと同じように、毛並みをそろえておくことで描きやすく美しく仕上がります。

ブラッシングは、専用の眉ブラシを使って、眉頭は下から上に眉尻は自然に流しておきます。このひと手間で、眉毛についた細かいホコリが取り除かれ、眉毛にツヤがが出て美しい眉毛に仕上がります。

②眉毛のお手入れは5日から1週間以内に

眉毛のお手入れをし過ぎる人と、しなさすぎる人がいます。

眉毛の長さや形がほんの少し違うだけで、顔全体の雰囲気がガラリと変わってしまいます。

自分にとって一番美しいバランスの眉毛の形にめぐり会えたら、その形をキープするようにしましょう。理想は1週間以内にお手入れをすることです。

③自分でおこなうカットのコツ

眉毛の生え方には、顔のカーブにそって生えるタイプと、垂直に生えるタイプがあります。
顔のカーブにそって生える眉毛は、アイブロウブラシで整えるだけで自然に仕上がりますが、垂直に生えるタイプは、眉尻に向かって短くカットすると自然な仕上がりになります。
このタイプの人は、マメにカットをおこなうようにしましょう。

④痛くない眉毛の抜き方

眉毛はあまり抜かない方が良いのですが、どうしてもはみ出した眉毛は気になり、美しいとは言えないので処理しましょう。

その時に、毛抜きで無理やりひき抜くと痛い思いをするので、眉毛近くの皮膚を少し上に持ち上げて、眉毛の流れにそって毛抜きで根元から抜けば、肌に負担をかけることなく、あまり痛みも感じずに処理できます。

⑤信頼できるサロンや理容室で顔そりを定期的におこなう

美容院では原則として顔そりをしてもらうことができませんが、理容師の資格を持った人が常住している理容院やサロンで顔そりをしてもらうと、眉もキレイに整えてもらえます。

好みの形をしっかり伝えることで、かなり理想の形に近づくので、後々のお手入れがラクになります。

まとめ

眉毛の形や濃さ、薄さなどは、本来その人の骨格に合ったものなので、太い眉毛が流行っているからといって、眉毛だけを太くしてもバランスが悪くなってしまいます。

自眉が残っているなら、美容液などでケアしつつアイブロウペンシルやアイブロウマスカラを上手に使って、自分に合った太眉を作るようにしましょう。自眉がない!薄眉女子が太眉を作るためのメイク方法はコレ!

-眉毛のコラム

Copyright© マユライズ通販購入で初回【89%OFF】楽天で買わない3つの理由! , 2018 All Rights Reserved.